お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する当事業所の対応について(その2)

「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(その2)」(令和2年4月7日付け厚生労働省事務連絡)に基づき、感染拡大防止策を行っています。

<職員について>
・健康管理に留意し、発熱や風邪症状等がある場合は出勤しません。
・情報共有を密にし、感染防止に向けた取組を行政と連携して推進します。
・事業所内では、マスクの着用や手洗い、アルコール消毒等を徹底します。
・事業所外でも感染拡大を防ぐため、「3密」を避ける等の行動を心掛けます。

<サービス提供について>
・訪問時間を可能な限り短くできるよう工夫します。
・ご利用者様との距離を保つように工夫し、換気にも配慮します。
・サービス開始時と終了時には、手洗いまたは消毒用エタノールによる手指消毒を実施します。
・訪問介護員は、訪問時にご利用者様の体温を測定し、記録します。
・体温計等の器具については、消毒用エタノールで清拭します。
・ケアに当たっては、使い捨て手袋とマスクを着用します。また、必要に応じて、ゴーグル・使い捨てガウン等を着用します。
・当該地域での感染拡大や学校の休校等により、出勤困難な職員が増えた場合、各事業所と連携し、サービスの必要性を検討した上で、訪問回数や時間の変更等を相談させていただきます。

今後も必要なサービスが継続的に提供できるよう、十分な感染防止対策を行いますので、ご協力をお願いいたします。


ファイルイメージ